つぶやきレシピ

UFPFF 国際平和映像祭に遊びに行きました。

ユナイテッドピープル株式会社の関根健次さんにお誘い頂き、UFPFF 国際平和映像祭に行ってきました。つぶやきレシピとして微力ながらスポンサーもさせて頂きましたが、素晴らしい映像を見る機会があり、感激の嵐でしたよ。



特に素晴らしかったのが”SLINGSHOT HIPHOP”という映画。パレスチナで起きている問題に対して、音楽というアプローチで、解決しようとしているグループ”DAM”のノンフィクション映画でした。ヒップホップ=不良みたいな形で色眼鏡をかけて扱われがちですが、実は他の音楽よりも伝えたいことは書けるし、中毒性もあるという点では、主張をしやすく、熱狂や感動とともに社会的変化を起こしやすい媒体なのではないか、と思います。DAMさんはそれを体現されていて、政治に対する思いをヒップホップで主張されていて、そこがすごいなあ、と思いました。

また、個人的にビックリしたのが日本のヒップホップシーンを牽引してきたK DUB SHINEさんが登場されたこと。登場された瞬間に一人で「おお・・・。」とつぶやいていました。しかし、さらに驚いたのが司会の方が、K DUB SHINEさんにいきなり、「フリースタイルをやってください。」とお話しされたこと。昔からの大ファンなので、心臓がバクバクしました。正直、「俺は俺」とか言われて怒られるんじゃないか、とドキドキしましたが、紳士的に対応されていて素敵でした。その時、さりげなく、”新しい時代へ” の歌詞の一節を披露されていて、生で聞けたのがうれしかったです。K DUB SHINEさんは社会派として力強いメッセージを送ることが出来る、セルアウトばかりを意識したアーティストとは一線を画す存在です。DAMさんはパレスチナのK DUB SHINEさんなのかもしれません。

さて、映画祭自体は、平和をテーマにされていました。パレスチナの惨状を見て、たとえば、家があることや、自由に移動ができること、好きなことを話せること、そんなすべてが幸せなんだなあと思いました。日本において平和は日常のニュアンスがあるけど、パレスチナの若者にとってそれは奪い取るものなのかもしれません。僕らは、そんな平和ということを料理という形で表現していきたいと考えています。

誰かが誰かのために料理をするってすごく平和ですし、多くの人が喜ぶことです。つぶやきレシピでも、多くの人が喜ぶようなサービスを追及していきたいと考えています。

Comments are closed.